World Tryout
2019/10/30 お知らせ

WorldTryout2019監督に清原和博氏が就任!

k-0189のコピー.jpg

予選会での選手選考、及び本選での優秀選手を選考する監督として清原和博氏が就任したことをお知らせいたします。

第1回目のワールドトライアウトを行うにあたり、弊社の理念に最もマッチする人物であると感じております。

WorldTryoutは、選手であっても監督であっても、挫折を乗り越え、あきらめず、勇気をもって再チャレンジしてほしい、その姿をファンは応援してほしいと思っています。
新しいチャレンジであり、日本人は海外に、海外選手は日本に、というワールドワイドなスポーツのオーディションプラットフォームを創ろうとしております。

清原さんは選手時代に、伊良部選手、佐々木選手、野茂選手、松坂選手といった大投手と名勝負を繰り広げ、彼らはメジャーへ渡り大活躍しました。
ある意味、名勝負を経て彼らを海外へ送り出した清原さんにWorldTryoutのプラットフォームとしての可能性を発信していきたく、オファーをさせていただきました。

トライアウトはピッチャー対バッターの一騎打ちであり、個人の能力のアピールの場です。
清原監督には真剣勝負を演出し、最適な対戦、起用をアレンジしていただきます。

<清原和博プロフィール>
1967年8月18日生まれ、大阪府岸和田市出身。
PL学園に在籍し、5期連続で甲子園に出場。西武にドラフト1位で入団し、読売ジャイアンツを経て、オリックス・バファローズに移籍し2008年に引退。
故人仰木監督は野茂選手、イチロー選手の道を作ったが、その最期の花道を用意された選手は、清原氏ただ1人。
記録を残す選手は居ても、記憶に残る選手はごくわずか。数々の名勝負を作り出し、人々から愛された元プロ野球選手。